大阪洋食の名店、グリル梵

一昨日、(2018年6月11日)のランチは、久々に家内とふたりで「グリル梵」さんへ行って来ました。私たちREBORNからは徒歩8分ほどのところにあります。
 

グリル梵-本店入口

通天閣近くの路地裏にある、テーブル四つとカウンターの、小さな洋食屋さんですが、その歴史は古く、銀座と堂島にも支店があります。
MEMO
お店情報:グリル梵

  • 本店:大阪市浪速区恵美須東1-17-17
    REBORNから徒歩8分程度の距離です。
  • 堂島店:大阪市北区堂島 2-1-34
  • 銀座店:東京都中央区銀座7丁目14-1

グリル梵のWEBサイトはこちら

 
日曜日のランチ、12時半頃に行くと、やはり店前に行列ができていましたが、運良く20分くらいで席に着くことが出来ました。
店内の様子は、お客様で満員の為、少し写真撮影しづらい雰囲気だったのですが、テーブルクロスが素朴な手作り感があったので、一枚、撮っておきました。

昭和レトロな洋館の応接間に通してもらったような雰囲気です。
落ち着いていてお温かみがあり、お二人いる女性の店員さんの対応もそんなお店の雰囲気に相応しい丁寧で心地よい感じでした。
 
メニューはこちらになります。

 

私が梵でいただいたランチメニューをご紹介

さて、今日は「梵名物」の「ヘレカツカレー煮込み」、10食限定の「ハンバーグ」、前菜に「メキシカンサラダ」を注文しました。とてもラッキーなことにハンバーグがまだありました。(この時間でこれは奇跡的!ハンバーグにありつけることは殆ど諦めていただけに喜びもひとしおです。)
 
メキシカンサラダです。フルーツが入っていて、ドレッシングは自家製。
とてもさっぱりしています。

 
 
続いては、梵名物のヘレカツカレー煮込みです。

 
中は少しレアになっていて驚くほど柔らかく、口の中でとろけます。

また、特製のカレーソースは少し甘めの所謂欧風カレー
歴史あるシティホテルのレストランメニューにあるカレーが最もその味に近い、といった感じでしょうか。
カレー屋さんのカツカレーとは全くの別物ですが、そこはやはりカレーなので、こんな食べ方が楽しめます。
 
 
さて、次は10食限定ハンバーグです。

 
画像だけではその美味しさが伝わりにくいと思うのですが、個人的な感想を述べさせてもらうと、私が今まで食べたハンバーグの中で最高の一品だと断言します。
肉の味、ソースの味、焼き具合、食感、全てにおいて最高です。
今日もいつもと同じ様に、ごはんにカレーソースを掛けて食べた後、わざとごはんを少し残し、ハンバーグの「デミグラスソース」をスプーンですくってごはんの上に掛けて食べ、しっかりと腹具合を落ち着かせました。
至福の休日ランチでした。
 

洋食×日本酒という意外と思われる組み合わせも楽しめる

 
さて、お店のお酒がある棚に「純米大吟醸 梵」というボトルが何本か並んでいました。
これはグリル梵・オリジナル日本酒!?と一瞬色めきましたが、そうではなく、福井県産のお酒の様です。

 
「グリル梵」さんの洋食は、日本酒にとても会います。次の機会は是非とも「梵を飲みながら梵の料理を食べてみたい」と思います。
出張や観光で私たちREBORNにお泊りのお客様には、是非とも一度は訪れてもらいたい「名店」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »