ルームメークプロジェクト

ホテルにとって「防犯」「防災」「衛生」は「10000%達成」しなければならない「最低限の社会的責務」ですが、その延長線上に「清潔さの維持」があると考えています。お部屋、ロビー、廊下など「清潔さを維持」することは、お客様の快適なご宿泊のために、必ず達成しなければならない「MUST」であることは当然なのですが・・・
 

当ホテルに対してご指摘いただいた清掃について

先日、某予約サイトの書き込みで当ホテルのルームメークの状態が行き届いていなかった旨のご指摘をお客様から頂戴しました。

ホテルにとっては猛省すべき大事件です。「清掃が行き届かないホテル」は「シャリの不味い寿司屋」のようなものです。いくら新鮮な海の幸を揃え、高級な店構えで笑顔いっぱいの愛想でお出迎えしても、シャリが不味ければお客様はこみ上げてくる不満・不快な気持を抑えることが出来ず、もうそのお店に二度と来ることはないでしょう。
 
「寿司屋にとってのシャリ」とはまさしく「ホテル業にとってのルームメーク」。
研究・研鑽・検証を重ね、最善な状態を追求しホテルとしてのスタイルを確立する。そんな必要性を痛感しました。オープン直後の多忙さの中、明らかに疎かになっていました。

REBORNはより一層、清掃を徹底します

この様な猛省に上に立ち、全スタッフ参加の「ルームメークプロジェクト」を立ち上げました。お客様に快適でゆっくりとお過ごし頂く為の「お部屋づくり」のマニュアル作りが進行中です。
 
REBORNとして「お部屋づくり」についての基本姿勢が固まりましたら、「ルームメークポリシー」としてこちらのブログでもご紹介させて頂く予定です。
 
 

清掃を徹底し、”新築状態のキープ”を目指します

 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »