大阪北部地震

昨日(2018年6月18日)午前7時58分に大阪府北部でマグニチュード5.9の地震が発生しました。

何よりもまず、被災に遭われた皆様へお見舞い申し上げます。避難所へ避難された方が1,130人に上るとの報道がされています。

今、避難所での生活を余儀なくされている方々が、一刻も早く平穏な生活を回復されるように祈念しています。

 

私たちREBORNでは地震が発生したその時間にエレベーターが停止しました。これはエレベーターが故障した訳ではなく、当ホテルが採用する「三菱エレベーター」の「P波センサ付地震時管制運転EER-P」「地震時エレベーター自動診断&復旧システムELE-QUICK」が作動したことによります。

このシステムは地震の初期微動を感知して最寄り階に緊急停止します。

もし地震が軽微なものであればそのまま自動的に運転を再開します。逆に震度が大きい場合はそのまま運転は停止します。三菱の専門エンジニアが地震後に安全点検を行い、必要な措置を行った上で運転が再開されます。

昨日、REBORNがある大阪市西成区は震度4でした。エレベーターは緊急停止しましたが、強い揺れが長く続いたため、エレベーターはそのまま停止しました。システムが正常に作動したことを意味します。

その後、スタッフが事情を説明した上で、お客様の誘導を行い、非常階段を使用して、階の昇降を行いました。

ちょうど朝食時でエレベーターのご利用が多い時間帯でした。

宿泊のお客様はすぐに事情をご理解頂き、整然と冷静に行動して下さいました。

 

お客様のご協力と冷静な対応があればこそ、二次的な災害も未然に防ぐことができる。そのためにはスタッフが緊急時に機敏で適切な対応をすることが不可欠。」と改めて痛感しました。

この場をお借りして、ご宿泊のお客様へ深く感謝申し上げます。

私たちREBORNとしてお客様の安全確保のために、できること・すべきことは何か。

大阪北部地震を契機としてもっともっと検証を重ね、実行に移して行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »